2008/11以降の閲覧者数

現在の閲覧者数

プロフィール

630叔叔

Author:630叔叔
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

ここのQRコード

QRコード

検索フォーム

QRコードメーカー

文字(全角可)を入力してQRコードを「作成」し、携帯電話のバーコードリーダーで読み込むと、文字が表示されます。

by ajaxblogparts
pinyin入力は→叔叔的拼音入力


中国語のピンイン変換!どんと来い、中国語
どんと来い、中国語
この漢字/中国漢字は
中国語で何と読む?
中国語ピンイン変換のどんと来い、中国語


:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

58:叔叔の日常 休み

2008/11/20 (Thu) 13:23
空気の澄んだ朝

20081126011045
08:01
実は昨日も、
寺岡薬師さまの小路を出たところから
綺麗な富士が見えたのですが、
欲をかいて、渡良瀬川の土手まで
足を伸ばして、
そのロケーションから撮ろうとしたのですが、
残念!
富士に雲がかかってしまったのでいた。

今朝起きたら、
さもありなん!
雲ひとつだにない、好天気!
寺岡薬師の近くから撮影しました。

20081126011043
20081126011040
08:01
アップです。
携帯カメラでは、
こんなもんですよね。
と、富士の近くの住人の写真との
差を、機材の所為にして、ニ・ゲ・ル。
ハハハ。
(露出を落としたものと、落としてないもの。)

見た目は、もっとはっきりと見えるし、
心にずっしり訴えるものがあるんですよ。

20081126011038
08:28
よっ!
人生、急がば回れじゃよ。
という道路標識。

実は、シェーのものと同一の
立体交差地点の逆視点の標識なんですよ。

20081126011036
13:23
衝動買い。
反省^^;
6マスが6個並んだ
ナンプレmini
480円。
安かったので、買ってしまった。
9×9のものは、3000円近くしたし、
どっちみち、
私の解法だと、ホワイトボードに写して
やったほうが、効率いいので、
却下です。
スポンサーサイト

叔叔の日常コメント(2)トラックバック(0)|

≪前の記事 叔叔の日常 織姫山でお弁当
≫次の記事 叔叔の日常 寺岡厄除大師にも

コメント

9:

すごい、携帯カメラで足利・佐野から富士山が撮れるなんて!
元三大師を祀るお寺は全国にあるんですね。有名どころがぞろぞろ・・
東京の深大寺もそうなんだ。へえ~勉強になりました。

2008/11/28 18:30 | 富士山に少し近いrororo #/kLmeHV6 URL [ 編集 ]
10:富士山大好きおじさんです^^;

やぁやぁやぁ、どうもどうもどうも(土居まさる風/笑)
そうなんです。こんなに遠いのに、だって、日本地図や地球儀上でさえ、距離感が感じられる距離なのに、富士の山は形が美しい上に、高いと来ているから、「見える」(看得見だね!「ちがいのわかる中国語」第1課できる型となってしまう型 参照)のですね。
実は、関東平野の北端、足尾連山の南端でも、おにぎり背負って登れる小さな山に登れば、赤城と妙義の間から、遠く、立山連峰が見えてるのではないかと、疑っております。だって、群馬・栃木くんだりの山々は全く白くないのに、遠くに白い山が見えるんですもん。
富山の婦負(今はなんと富山市に食われたそうですが)に国立病院があって、そこで幼いころから育った重度心身障害者とネット上で知り合って、彼らの詩に曲をつけたり、掲示板で交流したりしました。音声合成装置やワープロを手にするようになって、人との対話が増えたり、詩の創作をしだしたりした彼らには、ネットで発表したり、コメントを読み聞かせしたりしてくれるボランティアがいてくれて、それで、奇跡的に交友が成立していたわけで、その思い、その一念で山にかけあがり、西のかなたを眺めたりしました。
彼らには立山があります。彼らの心の支えなのです。
私の赤城や富士というのは、いわば、彼らとの友情の証しでもあるのです。お互い離れていても、会えなくても、頑張っていよう。いや、頑張ってなくても、前を向いていよう。そんなメッセージを込めた山なのです。いわば、山は、ぼくらにとって「前をむく」の「前」なのかも知れません。

2008/11/29 08:29 | 630叔叔 #ntAPeFmM URL編集 ]

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。